2014年06月21日

航空写真の利用規約について

先日の記事で、Googleの航空写真が地図調査に使えるという話をしましたが、「それはGoogleの利用規約に反するのではないか」というご指摘を頂きました。

Googleの規約では、

「使用の制限: ユーザーは、事前に Google(または場合によっては特定のコンテンツのプロバイダ)から書面による許可を得ることなく、次のことを行ってはなりません: (a)コンテンツまたはその一部を複製、翻訳、変更、または派生物を作成すること、(以下略)」

とあり、また使用許諾ガイドラインには、

「Google マップまたは Google Earth を、独自の地図やその他の地理コンテンツのトレース元として使用することはできません。」とあります。


これをそのまま読めば、確かに「利用規約に抵触する使い方ではないか」という意見はありえます。


ただ、航空写真から、「たぶんここが林業道だろう」と予測を立て、実際に実地調査をしたうえで線を引く行為が果たして「トレース」に当たるのかというと、ちょっと難しい気がします。

航空写真でも現地の様子はだいたい分かりますが、それで地図調査が完了するほど、O-mapの作成は生易しくありません。実際、林業道と思われた場所が違っていたりということは普通に起こりますし、道のランク、他の特徴物との相対的位置関係など、航空写真だけでは得られない情報もたくさん盛り込まなければなりません。



とはいえ、「君子危うきに近寄らず」。
利用規約に抵触する可能性があるなら、それを避けるのが無難です。

Bingや国土地理院等、航空写真を提供しているサービスは他にもありますので、それらの利用規約とも比較しつつ、より問題のない利用を目指す方が良いかもしれません。私も今後これらのサービスの利用を検討してみたいと思います。
posted by tkmasa2466 at 20:15| Comment(0) | 地図調査

2014年06月19日

航空写真がこんなにも使えるとは!

Googleの航空写真が地図調査を行う上で有効なのは、主に公園地図の作成で多くの方がすでにご存じかと思います。オープンが多く、地表面の様子が空から丸見えなので当然ですね。しかしながら、フォレストの地図を作る上でも航空写真を用いることが大変有効であることが最近分かってきました。



今、11月開催の京大京女大会の地図調査のため、滋賀県の日野町に来ています。
久々に航空レーザ測量のない地域です。ある意味でマッパーの腕が問われる難しいコンディションなのですが、原図に仕込んで持っていった航空写真が思いのほか使える!

下記の地図を見てもらえるとわかると思いますが、
林業道・植生界・川・堰なんかが丸見えで、ドンピシャで位置を確定できます。数m〜20m程度もずれてしまうGPSデータをちまちま取得するよりよほど効率的。


大きな地図で見る


都市計画図も相当情報量がありますが、道が大体あってるくせに、たまにかなりずれてたりとかして、結構それが面倒なんですよねー。



さて。

久々の航空レーザのない調査ですが、意外に頑張れてます。
自分でコンタを書く機会が減って、コンタをなぞる作業が増えても、調査能力が落ちるわけではないよう。模範解答をたくさん見てそれをトレースするのはいい勉強になってそうです。
コンタ1本の歪みも敏感に感じ取って修正できるようになりました(←ほんまかいな)


とにかく楽しいテレインです!地元との関係も良好ですし、今後たくさん使われることになるでしょう!



posted by tkmasa2466 at 22:58| Comment(0) | 地図調査

2014年06月13日

ブログ始めました

今まで主にFacebook上で情報展開をしておりましたが、SNSをしていない方にも広く情報展開を行うこと、過去に書いた記事を閲覧しやすくすることを目的とし、ブログの開設をさせて頂きます。

ひとまず、賑やかしに過去1か月ほどFacebookに投稿した記事をこちらに転載してみました。
今後ともNishiPROをどうぞよろしくお願いいたします。

posted by tkmasa2466 at 22:53| Comment(0) | 日記