2014年07月27日

世界を目指すということ(その2)

(その1はこちらから→ http://nishipro.sblo.jp/article/101935260.html

-----

それにしても、どうしてこんなにも世界の壁は厚いのか。


一番大きな問題は、テレインの性質にあると思う。

地形の一つ一つが大きく、地形を用いてラインを正しく乗り換えて行くのがメインの日本に対し、
欧州のものは、見通しが悪かろうが足場が悪かろうが、とにかく直進ができないと話にならない、ということが多い。

そしてそのような経験をする機会が日本ではごく限られる。
技術的な難易度が根本的に違うのだ。

また、地図も相当に特殊であるように思った。
自分の海外経験は先述のエストニアとスウェーデンのオーリンゲンだけだが、いずれも誇張表現がかなり極端だった。
沢じゃないのに沢が描かれていたり、凹地じゃないのに凹地が描かれていたり、ちょっと首をかしげたくなるものが多かったように記憶している。

もちろん、一言に欧州のテレインと言っても、国や地域によってその性質は様々である。

しかし、日本人が欧州に遠征するのには相当なお金と時間が必要なのに対し、
欧州の人間が、別の国に遠征するのはずっと簡単だ。


他のスポーツとは違い、地域による個性が全く異なるのが、「オリエンテーリング」という競技の特色である。
それは非常に面白い一面であるが、一方で、オリンピック種目のようなグローバルなスポーツを目指す上で大きな弱点であると言わざるを得ない(だからこそ、IOFはスプリントのような地域特性を極力排除した公平性の高い種目に力を入れ、その弱点を克服しようとしている)。

もちろん、日本で欧州向けの対策練習をする工夫の余地はいくらでもあるが、根本的な部分で、日本は宿命的に大きなハンディを背負っていることをまずは自覚する必要があろう。

そして。

そこに、体力面の弱さが掛け算でかかってくる。

日本のオリエンティアのトレーニング量水準が低いからなのか、成長期に十分なトレーニングをした人があまりいないからなのか、汚い不整地を走る経験が乏しいからなのか、そもそも底辺の競技者数が少ないからなのか、少なくとも、「技術では負けるが体力では欧州の選手と伍して戦える」という選手は少ない。



結果、世界との隔たりはとてつもなく大きくなる。
では、競技者は一体どのようなモチベーションでもってそこにアプローチすればいいのだろうか?
そこに価値を見出すことはできるのか?


(つづく)
posted by tkmasa2466 at 09:17| Comment(0) | 日記