2014年07月29日

世界を目指すということ(その3、完)

(その1はこちら→ http://fb.me/2IX4xv1bi
(その2はこちら→ http://fb.me/71cRkFooW

とある大会運営の時。
運営手伝いをしてくれるという某女性選手を東名でピックアップし、現地に向かっていた。
その車内の会話の中で、彼女は、「学生時代、特にインカレを特別視していなかった」と言っていた。
そして、「大会運営に参加すると試走とかたくさんできるから、学生が終わった今も積極的に手伝っている」と。

インカレのために走っていたと言っても過言でなかった自分は、これを聞いて少し驚いた。
そして思った。「ああ、この子は本当にオリエンテーリングが好きなんだな」と。

・・・はて。

自分はそうじゃなかったのだろうか。

----

モチベーションを上げるもの、いわゆる「動機づけ」には二つの種類がある。
外発的なものと、内発的なものの2つだ。

外発的動機づけとは、義務、賞罰、強制など、外から与えられるものによってもたらされる動機づけであり、
内発的動機づけとは、好奇心や関心など、自分の内側から沸き起こる思いによってもたらされる動機づけである。

最近、吉田勉さんがブログの中で、大会の順位という外発的な動機ではなく、
完璧なレースを目指すという、内発的動機付けを持つ大切さについて記事を書かれている。
http://o-pinion.seesaa.net/article/402176196.html


これを見て思う。

インカレを知って以降、自分は「外発的動機づけ」にあまりに支配されていたのではないか。
インカレで結果を出すことが全てになってしまい、より速く、より上手にという根本的な動機を、忘れてしまっていたのではないか。

----

先述したとおり、世界の舞台で日本人が戦うのは非常に難しい。
そういう現状の中、結果「だけ」を求めて、すなわち外発的動機づけに依存してチャレンジしても、高い確率で挫折が待っている。
そして、世界の舞台で戦えないと悟ると、世界に飛び込むことすらやめてしまう。

でも、それって実は本末転倒ではないだろうか。

インカレを知らない1年生のとき、レースのたびに20分のミスをやらかし、なんでうまく出来ないんだと悩み、コース地図を何時間でも睨みつけていた。トレーニングが実を結んで走れるようにもなりはじめ、ある日突然うまく回れたりするようになる。そんなあの頃は、とてつもなく楽しい時間じゃなかっただろうか。

世界に出れば、みんな1年生の頃と同じようにオリエンテーリングに立ち向かえるのだ。
欧州に遠征するのは時間もお金も馬鹿にならないが、しかし、例えば毎夏の遠征のためにお金を貯め、毎年欧州の大会にチャレンジするというのは、かなり充実した人生の送り方になると思う。
「結果」は出れば儲けもの。より速く、より上手になるという「プロセス」を求めてそこに行けば実はとても楽しい世界が待っている。

----

そういうわけで、自分が強化委員会に1つ提言をするとするならば、
「海外テレインのファンを増やす施策を打つ」のはどうだろうかと思う。
例えばJOA主導で海外ツアーを組む、とかだ。取りまとめを誰かにしてもらえるだけでも、「世界をちょっと覗いてみたい」と思ってる人が海外の大会に出るハードルを大きく下げることができる。

前述したとおり、海外はあまりにも違う世界が広がっている。
日本代表だけすくい取って援助するのではなく、そもそも世界にチャレンジする楽しさを伝え、そうしようとする人間を増やして行かなければ、日本のレベルアップは図れないのではないだろうか。


----

最後に。

半年で挫折した自分の夢であるが。
あのとき挫折していなければ、今の自分はなかったかもしれない。

挫折は終わりではなく、新たな可能性の始まりである。

世界の舞台で戦った戦士たちの今後の活躍を切に願い、筆を置こうと思う。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

(完)
posted by tkmasa2466 at 18:11| Comment(0) | 日記