2014年10月21日

朝霧ナビゲーションパーク大会、ご参加ありがとうございました。

Webの作品紹介に追加しました。

http://nishipro.com/map_detail.php?cid=44

今回、平らで細かい傾斜変化に富んだテレインであることから、国内のフォレストマップでは非常に珍しい等高線間隔2.5mを採用しました。

マッパーとしては、誇張表現をほとんどしなくても正確に地形を描けることは楽な一方で、地形的特徴のない場所にも等高線を入れなければならないことに難しさを感じました。競技者の皆さんも、「普段捉えられるはずの地形が見えない」という戸惑いは少なからず感じられたのではないでしょうか。

そもそも2.5m間隔は地形表現が冗長になることは否めず、特に北東斜面はそのデメリットが大きい故、適切な選択だったかどうかは意見が分かれるかもしれません。それでも、国内でなかなかお目にかかれない規格ですし、ゴチャゴチャ描かれた地図から使えるものを拾ってナビゲーションする技術は、海外のオリエンテーリングに通じるものがあると思いますので、個人的には良い機会だったのではないかと思っています。



facebookの記事: https://www.facebook.com/tokumasa.nishimura/posts/729026977180702
posted by tkmasa2466 at 22:41| Comment(0) | 日記