2018年01月23日

航空レーザー測量の精度を前もって知るには

先日のエントリーで、基盤地図情報の航空レーザ測量は場所によって精度がまちまちであると書きました。実はその精度情報をあらかじめ推測する方法を高島和弘さんがcamap-MLで共有してくださっていたので、今日はそれについて書きたいと思います。

航空レーザー測量データが整備されているエリアは「地理院地図」から見ることができます。左上の「情報」から「全て>主題図>更新情報>5mメッシュDEM(航空レーザ測量)提供範囲と作業年度」と辿ります。

航空レーザー.png



そして欲しい範囲が色つきで表示されたらそこをクリック、ここで出てくる「原典資料」がポイントです。
公共測量の情報を検索できるサイト内の「助言番号で検索」でこの原典資料情報を入れて検索をかけます。
この例だと、「平成27年、関東、188番」ですね。

そうすると・・・
縮尺.png

公共測量の情報が出てきます。この「縮尺」がポイントで、これが小さければ小さいほど高い精度が期待できるというわけです。前回見せた「飯能美杉台」はこの縮尺が5000でした。高島さんによると、「2500だと、ちょっと物足りない感じで、1000だと嬉しい感じ」だそうです。

精度がある程度推測できると、見積りのための情報が増えるため、プロとしては大変重宝します。

しかし、基盤地図情報にはじまり地理院地図の汎用性の高さ、国土地理院の取り組みは大変先進的でとっても助かります。ありがたやありがたや。






posted by tkmasa2466 at 21:44| Comment(0) | 地図調査