2018年01月30日

東や西が左右どちらか分からない人の割合って





こんなアンケートを取ってみました。
自分の周りで、バリバリ優秀な方でも「左右が直感的に分からん」っていう方が何人かいらっしゃって、意外だなーと思ったんですが、良く考えたら自分も東西がどっちかすぐ分からんわってことに気付いたんです。

自分の場合、地図の左上の方を言いたいときに
「北東・・?じゃなくて北西・・?」
→(日本地図思い浮かべる)
→(東京が東で大阪が西)
→(ということは・・)
→「北西!」
という感じで数秒タイムラグが出来ちゃいます。そしてたまに混乱して間違える。

アンケート結果によると、左右は80%が直感的に理解できる一方で、東西はわずか35%でした。それも最初の方は40%くらいあってそれが徐々に下がっていきました。たぶん、自分のフォロワーがオリエンティア中心なので比較的東西に馴染みがある人が多くて高めの数字だったけど、徐々に非オリエンティアの回答割合が増えてこの数字に落ち着いたということなんだと思います。なので日本人全体でみると割合はもっと低く30%がせいぜいかもしれません。

左右の概念は物心ついてすぐ植えつけられるので直感で理解できるようになる人が多い一方で、東西はもっと後になって理解する概念なので、脳の回路がうまく繋げられないのかなーと推測します。
将棋プログラマーの山本一成さんも似たようなアンケートをされていて、左利きの人は直感的に左右が分からない人が比較的多いという結果を得られていました。なるほど、左利きだと幼少期に「お箸持つ方が右」とか言われてたら混乱しますわな。





なんですが、

京大の先輩でやはり左右が分からない方がいらっしゃったんですが、「プラスマイナスだと分かる」そうなんです。数直線を思い浮かべると右がプラスで左がマイナスになるから、そういってもらえると分かると。なんとも理系らしい。

数直線の概念なんて当然ずっと後になって知ることなのにそっちの方が分かりやすいっていうのは、多分ポイントは画像と直結できるからなのかもしれません。他にも、「2時の方向、7時の方向」というように時計になぞらえる方法もありますよね。

そう考えると東西じゃなくて、東京、大阪って言ったらもっと直感的にわかるかも。

人間の脳って奥が深いですね。






posted by tkmasa2466 at 23:04| Comment(0) | 日記